どんな風に『飲み歩き』する?
グルメの楽しみ方を探せるサイトまとめ

Slaytonおじさん
飲み歩きって良いですよね。

いつもの仲間たちと楽しくわいわい飲む時間というのは、かけがえのない大切な時だと思います。

でも毎月・毎週のように飲み歩いていると、どうしても“いつも行くお店”ばかりになってしまうんですよ。

たまには気分を変えて違うお店を開拓したいけど、なかなか当たりのお店に出会うのは難しいし・・・そもそも探し方が分からないという方もいるのではないでしょうか。

Slaytonおじさん
そんなあなたにぜひ見ていただきたいのが、グルメの楽しみ方を紹介しているサイトです。

お店をただ紹介するだけでなく、楽しみ方を提案してくれるので、サイトを見るだけでも飲んでいる時のイメージが湧きやすいと思います。

nomooo

「nomooo」TOPスクリーンショット

「nomooo(ノモー)」は、 “あなた×お酒をもっと楽しく” というコンセプトで運営されているサイトです。お酒を飲める飲食店の紹介だけにとどまらず、お酒の銘柄の詳しい解説や、変わったカクテルの作り方・簡単に作れるおつまみなど自作でのお酒の飲み方の提案なども行っています。

Slaytonおじさん
様々なゲストを迎えての特集記事、コンセプトを決めての特集記事なども多くあり、読み物としても楽しめるサイトではないでしょうか。

nomooo https://www.nomooo.jp/

トラベルズ

「トラベルズ」TOPスクリーンショット

「トラベルズ」は、“旅のような町遊び”がキャッチフレーズのサイトです。日常がまるで旅行気分になるよう、いつもの街でできるいつもとは違う楽しみ方が多数提案されています。

Slaytonおじさん
仕事帰りにアフター6で楽しめる旅気分な飲み歩きプランなど、「こういうのが欲しかった」と言いたくなるような手頃プランがたくさん載っていますよ。

トラベルズ https://www.travelz.jp/

icotto

「icotto」TOPスクリーンショット

「icotto(イコット)」は、「心みちるたび」というフレーズをコンセプトにしたサイトです。女性向けではありますが、男性でも楽しめる日本全国の旅スポットが紹介されています。そして地元の方ならば、普段の飲み歩きに取り入れられる情報がたくさんありそうです。

Slaytonおじさん
女性向けを想定しているためか、細やかな気遣いが記事にあふれています。デートスポット探しの参考にもなりそうです。

icotto https://icotto.jp/

aumo

「aumo」TOPスクリーンショット

「aumo(アウモ)」は、“あなたの毎日がきっと楽しくなる、おでかけメディア”をキャッチフレーズにしたサイトです。旅行やグルメに関するSNSでも人気な情報を主にピックアップしているとのとで、このサイトをチェックしていれば最新のものを早く知ることができるのではないでしょうか。

Slaytonおじさん
誰でもSNSでグルメの写真をアップするのが当たり前な今にぴったりのサイトかもしれないですね。

aumo https://aumo.jp/

icoico

「icoico」TOPスクリーンショット

「icoico(いこいこ)」は、“関西の今を楽しく、おいしく、遊びつくすためのwebニュースマガジン”というキャッチフレーズのサイトです。大阪といえば大人気の観光スポットのひとつでもあり、飲食店だけでなく色々な独自文化が発達している街でもありますね。

Slaytonおじさん
あの吉本興業が運営しているということで、人気芸人さんを迎えての飲食店特集記事なども掲載されています。

icoico https://icoico.jp/

Slaytonおじさん
また、私は飲み歩きをした後で〆にラーメンを食べに行くのがたまらなく好きで、必ず帰る前にラーメン屋さんへ立ち寄ります。という訳で東京にある{"type":"block","srcIndex":43,"srcClientId":"a9a02db9-f57d-417a-9e51-df431c86ccba","srcRootClientId":""}おすすめのラーメン屋さんもあわせてご紹介していきます。

せたが屋

「せたが屋」TOPスクリーンショット

「せたが屋」は強さと旨さと荒々しさが共存したスープが真骨頂です。このスープには2種類の煮干しをふんだんに使用しています。また、麺は自家製麺を使用しています。この麺の特徴はもちもちとした歯ごたえとつるつるとしたのど越しです。国産小麦100%の自家製麺には希少小麦の「ゆきちから」や「絹あかり」をプライベートブレンドしています。

Slaytonおじさん
店舗によって盛り付けが異なるようです、1店舗だけでなくついつい何店舗も通ってしまいそうです。

せたが屋 https://www.setaga-ya.com/

鶏そばかぐら屋

「鶏そばかぐら屋」TOPスクリーンショット

「鶏そばかぐら屋」新宿にあるラーメンのお店です。旨味を最大限に引き出しているスープが自慢です。野菜や「匠の大山鶏」を長時間煮出して抽出しているコラーゲンたっぷりな白湯スープは味の決め手となっています。コラーゲンがたっぷりと入っているため美容効果も高い一杯です。

Slaytonおじさん
完熟トマトの塩鶏そばというトマトを使ったラーメンも提供しているそうです。味の気になる一杯ですね。

鶏そばかぐら屋 https://www.torisoba-kaguraya.com/

せい屋

「せい屋」TOPスクリーンショット

「せい屋」のこだわりのとんこつ鶏ガラしょうゆ味のラーメンは大量の鶏ガラと豚骨をじっくりと煮込んださっぱりとした味と風味なのに濃厚な1杯となっています。麺は細麺に変更することも可能です。トッピングはメンマや味付け玉子だけでなく、わかめやもやし、ほうれん草などもありとっても豊富です。

Slaytonおじさん
トッピングを追加して自分だけのオリジナルの1杯を楽しむことも出来そうですね。

せい屋 http://www.seiya.tokyo/

ラーメンに合うスパイス

いつものラーメンにプラスアルファのスパイスとして、味わい深い一杯にしてみませんか。ラーメンと相性の良いスパイスとして知られるにんにくや胡椒は、味を一層引き立てる役割とともに様々な栄養成分を含む食材でもあるようです。

にんにくに含まれているアリシンは、ビタミン B 1の吸収を助けることが知られております。また血液もうサラサラにするといったような効果がみられ、脂っこいラーメンであっても余分な脂肪を体に溜め込まないと言ったような女性には嬉しい作用がみられるようです。

さらにラーメン店のカウンターには、必ず置かれている胡椒には、いくつかの種類がありますが、その代表でもある黒胡椒と白胡椒は、同じ作物でありながらそれぞれ収穫される時期や収穫した後の処理が異なることから、あのような風味の違いが生まれているようです。

黒胡椒は、熟す前の実を摘み取り、乾燥させたものをいうそうです。白胡椒は完熟した実を摘み取り水に一旦浸してから乾燥させたものをいうそうです。それぞれの特徴を上手く味わうために、「肉料理には黒」「魚料理には白」などとも言われておりますが、実際にはお好みでご利用いただくのが良いのではないでしょうか。

ラーメン店に置いてある胡椒の多くは、黒胡椒と白胡椒がブレンドしてあるタイプのものが一般的に利用されているのではないでしょうか。

胡椒の成分としては、血液の循環を良くしエネルギー代謝を高めるなどとも言われておりますので、ニンニクも胡椒もどちらもラーメンによく合うスパイスであり、それぞれの栄養成分は脂っこいラーメンを食べる際にはもってこいのスパイスでもあります。

飲食店経営の生き残り「多様化」

最近のカフェ経営の中では、昼間は、ランチ営業、夜の営業としてはバーや居酒屋を営んでいるようなお店も増加しつつあるようです。

昼の顔と、夜の顔が異なる店舗経営の他には、朝は朝活などのセミナーなどのレンタルスペース利用、ランチ帯は、フードやドリンクなどのランチ営業、夜はセミナーなどの集会場などに使用されるレンタルスペースなどとして、1日の時間帯によって、様々な活用の場を生み出しているようなカフェ経営も行われているようです。

カフェ経営などに関しては、その立地などから、どうしても集客やお客様の動員が難しいケースもありますので、様々な特色や、他店との差別化を図る中で、お客様の呼び込みが、様々なお店の在り方の展開を見せているようです。

時間帯によって、メニューブックに掲載されるお料理や、ドリンクなどを変更することによって、その食品ロスなどの無駄を省いた合理的な利用を行うことも、可能にしてもいるようです。

カフェ経営の中にある様々な多様性における可能性を生み出していくことで、飲食店経営の生き残りが見出されてもいるようです。

投稿日:2020年5月2日 更新日:

Copyright© Slaytonおじさんの飲み歩きブログ , 2021 All Rights Reserved.